リオネット補聴器リオネット補聴器|国産補聴器メーカー リオン株式会社の新宿直営店 認定補聴器専門店
文字サイズの変更
配色の変更

リオネットセンター新宿

TEL 03-3379-5524 FAX 03-3379-2564
営業時間 平日 9:00~18:00 土曜 9:00~17:00
ご相談・ご予約・資料請求

Q1補聴器の両耳装用と片耳装用による聞こえはどのように違うの?

両耳装用だと左右からの問いかけにも反応しやすい
補聴器を着けていない側の問いかけは 振り向いてもらえないこともある

補聴器の片耳装用と両耳装用では「音を集めやすい範囲」と「音の方向感」が大きく異なります。両耳に難聴が認められて補聴器を片耳に装用した場合、補聴器を装用した方の耳に音が入りやすいように、ご自身の座る席や話し相手との距離などを工夫する必要があります。また、補聴器を装用していない耳の側から話しかけられた場合には、どこから呼ばれているのか方向感をつかみにくいため、騒音下や会議等での様々な方向から聞こえてくる言葉の聞き分けが難しくなってしまう場合もあります。
体験してみたいという方へ、両耳や片耳にして騒音下での聞き取りがどれぐらい違うか比較ができ、さらに、”環境音疑似体験ルーム”にて、環境シミュレーターを用いることで両耳装用と片耳装用の違いもご体験いただけます。



 

Q2補聴器を装用すると音が大きくなるから耳が悪くなったりしないの?

補聴器は管理医療機器として扱われ、適切な調整と管理が求められています。聴力に合った調整の補聴器であれば、聴力を悪化させるような過大音が出ることはありません。
しかし、加齢をはじめとする様々な身体的理由により、聴力が変化していく可能性はあります。ご自身のお耳の状態を知るためにも耳鼻咽喉科への定期的な通院がお勧めです。
*当店では医療機関との連携として、月曜日、水曜日(祝日は除く)に提携した耳鼻咽喉科医に補聴器および耳型採取などについてご指導いただいております。

連携詳細と予約方法

Q3会議や居酒屋の複数の人が話す場所では、聞こえづらいがどうして?

広い場所や人数の多い場所では、“聞きたい音(相手)との距離が遠くなり、聞かなくても良い音(環境音)が増える”ため必要な会話音が邪魔されてしまい聞き取りにくくなります。補聴器によっては、騒音抑制機能で周囲の騒音を低減したり、前方の音を聞きやすくなるように調整することができます。
騒音抑制機能は価格やグレードによりその効果が異なります。複数人での会話や、居酒屋などの騒がしい音を抑制することが出来ますので、是非試聴等で実際に効果を体験してみてください。

騒音抑制技術について

Q4難聴は他の病気にも関係しますか?

治療や薬の種類によっては聴覚に影響が出る場合もあると聞くこともありますが、難聴が別の病気を発症する直接の原因となることは考えにくいと言われています。
最近では認知症との関係性が世界的に注目されており、厚生労働省も2015年に「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」(※1)の中で、「難聴等が認知症の危険因子」と発表しています。

「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)」(厚生労働省ホームページ)